花を飾る 日常をホンノリと彩る…

花を飾る 花のメンテナンス


花をできるだけ長く楽しむためには色々な方法がありますけど、本格的にやり始めると段々凝ってきて「プロ」並みになってしまいます。それも趣味ですから良いのですが、本サイトでは「身近に手軽に」をモットーにしていますので、極力、負担になるような手間をかけずに花を楽しむためのポイントをここでご紹介します。もちろん、やり方は人それぞれですから、あくまでもご参考までにということでご覧ください。

花 アイコン花を長く楽しむためのポイント

花 イラスト 風は大敵。花を飾る場所は、風の当たる場所を避けましょう。
風が当たると花の萎れるのが早くなります。エアコンや扇風機の風が当たる場所を避けて花を飾りましょう。

花 イラスト 直接日光の当たる場所を避けて花を飾りましょう。
これは「風」と同じですが、直射日光が当たると花が萎れるだけでなく、褪色の原因にもなります。窓際に飾る時も直接日の光が当たらない場所を選んで花を飾りましょう。

花 イラスト 水はマメに交換しましょう。
夏はできれば毎日。冬は週に1・2回程度。この時、花器を水に流し、水に浸かっていた花の茎部分も水で流して洗いましょう。洗剤は必要ありませんし、あまりゴシゴシやる必要はありません。ヌメリが落ちればOKです。
切り花を長持ちさせるには、例えば、水にお酢や、漂白剤、砂糖を少量入れたりする方法等、色々ありますが、お水をマメに換えて、付いているヌメリを取ってあげれば十分です。

花 イラスト 花の茎を切り戻し(根元を切ること)ましょう。
水に浸かっている茎の根元が変色していたら(腐っていたら)、その少し上(5mm~1cm位のところ)で切り戻しましょう。手間でなければ、水を換える時に一緒にやると、茎の水管が新しくなり、花が長持ちします。

花 イラスト 咲き終わった花や枯れたところは取り除きましょう。
これは見た目の問題もありますが花を長持ちさせるためでもあります。傷んだ花は周りの花に良い影響を与えません。特に順番に花が咲いてくるスプレー系では長く花を楽しむためのセオリーです。

咲き終わったところを取ったり、枯れたところを取ったり、傷んだ(腐った)ところを切ったりしていくと、花はだんだん短くなり、減って行きます。そうしたら、活け換えてみたり、また小型のコップなどに花器を換えて、長く長く花を楽しみましょう。

トップページへ

アクセス数ベスト5コンテンツ
★花のお話 その12「弔いには何故、白い菊なのか?」
★花のお話 その14「花言葉は、誰がどうやって決めるのでしょうか」
★花のお話 その6「千利休と豊臣秀吉 一輪の朝顔」
★花のお話 その32「花にまつわる日本語の表現の豊かさは詩の中から」
★花のお話 その51「花一輪に飼い慣らされる 花を眺める心の内は…」



■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

スポンサー リンク

他 リンク

「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「あれこれブログ風」サイト
「不思議」「怖い」「変」を普通に考える バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.