TOPへ戻る

花を飾る日常をホンノリと彩る…

毎日の花60 正月 マツ&ユリ&オンシジューム&カーネーション&キミノセンリョウ&ヤナギ



正月 マツ&ユリ&オンシジューム&カーネーション&キミノセンリョウ&ヤナギ購入金額   :1,910円
購入場所   :スーパーと花屋
選んだ理由  :花のセットが
         面白かった
【マツ】
和名     :マツ(松)
季節     :12月(切り花として)
花言葉    :不老長寿、向上心、
         勇敢、永遠の若さ
【ユリ】
和名     :ユリ(百合)
季節     :周年
花言葉    :純潔、威厳、無垢、
         甘美、清浄、無邪気
【オンシジューム】
和名     :ムレスズメラン
         (群雀蘭)
季節     :周年
花言葉    :野心的な愛、可憐、
         気立ての良さ、清楚
【カーネーション】
和名     :オランダセキチク
         (阿蘭陀石竹)
季節     :周年
花言葉    :(赤)愛を信じる、
         熱烈な愛、母への愛
【キミノセンリョウ】
和名     :キミノセンリョウ
         (黄実千両)
季節     :12月
花言葉    :(千両全般)富、
         富貴、恵まれた才能、
         可憐、財産
【ヤナギ】
和名     :ヤナギ(柳)
季節     :周年(?)
花言葉    :従順、自由

ユリ オンシジューム カーネーションお正月にはキミノセンリョウを定番にしているのですが、去年はそれを買うことができませんでした。今年も、花屋さんにありません。納品の時期が不規則なのでしょうか。もしかしたら、と思い、この年末に新装開店した近くのスーパーに行ってみたら、キミノセンリョウがありました。しかし、そこで花のセットものを見たのですが、どれもイマイチで決めきれず、キミノセンリョウを確保したので再び花屋さんへ。そこでセットものを改めてみるとなかなかにカラフルで面白いセットものを見つけました。お正月には欠かせない松(と一昨年には言っていたのに、昨年は買い忘れて、松を飾っていません…)に加えて、面白いオンシジュームの花に好きなユリ。全体に立体的な広がりを加えてくれる銀柳。カーネーションは要らないかな…、と思ったのですが、飾ってみると思いがけず良いポイントになりました。

マツには「若松」「根引き松」「大王松(だいおうしょう)」とある中で、いつも使っているのは、真っ直ぐに伸びる「若松」。名前もいいですよね。「若松」は名前の通り、樹齢の若いマツの呼称で、品種はクロマツです。松の樹脂には殺菌作用もあり、清々しい香りといい、縁起物であるだけではなく、「邪気を祓う」という、まさにお正月向けの植物です。

ユリは好きな花です。セットにはまだ蕾のテッポウユリしか入っていなかったので、少し咲きかけているユリを追加しました。ピンクのユリです。オリエンタルユリ系の花のようです。この花は香りがとてもよく、花が上向きに咲きます。テッポウユリはお正月には開花すると思いますので、そうなればけっこうゴージャスな雰囲気が楽しめます。

キミノセンリョウオンシジュームは初めて登場しますが、洋ランです。「群雀蘭(むれすずめらん)」の名前通り、まさに小鳥が飛び回っているような雰囲気で、マツやユリ、キミノセンリョウなどのシャープな感じの花をソフトにしてくれるように感じます。群がって咲く小さな花が、女性がスカートを翻して踊る姿に似ていることから「ダンシングレディ」とも呼ばれているようです。

キミノセンリョウは、我が家のラッキーアイテムです。もう昔の事ですが、初めてこのキミノセンリョウをお正月に飾った時、ちょっといいことがありまして…。去年は買えませんでしたが、今年は手に入りました。特段に珍しいという訳でもありませんが、お正月にはマツとこのキミノセンリョウが定番です。ただ、ちょっと実の付き方が少ないのですが、まあ、良しとしましょう。

今回のヤナギは、銀色に着色されたシダレヤナギです。「銀柳」と呼ぶようです。お正月だけでなく、クリスマスや式典用のアレンジによく使われるようです。

毎日の花 メニュー6へ



アクセス数ベスト5コンテンツ
★花の詩紹介 花の詩8
★花の詩紹介 花の詩4
★花の詩紹介 花の詩1
★花の詩紹介 花の詩6
★花の詩紹介 花の詩2



■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「あれこれブログ風」サイト
「不思議」「怖い」「変」を普通に考える バナー
■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.